一般歯科

むし歯について

むし歯の進行過程

歯を失う原因のほとんどはむし歯か歯周病です。
つまり、この2つを防ぐことが出来れば、生涯にわたって自分の歯を保つことが出来るのです。
当歯科医院では、そのお手伝いをさせていただきたいと考えております。

C0...健康な歯の状態。
C1...エナメル質だけに穴があいた状態。痛みはない。
C2...むし歯が象牙質に達した状態。冷たいものがしみる。
C3...むし歯が歯髄に達した状態。強く痛む。
C4...歯髄が壊死し、歯の形も大きくくずれた状態。

むし歯は早期発見が大切です

生涯にわたり、美味しく食事をいただく為には、口腔内の環境を良くすることが大事です。
むし歯がある場合はまずむし歯治療をすることが第一歩になります。
大人のむし歯の場合は早期発見・早期治療が有効です。
当歯科医院では抜歯は最後の手段と考えています。
歯をできるだけ残すためにも早めに治療においで下さい。

歯科医院での早期発見と早期治療

治療後は毎日の歯磨きと医院での定期的な検診を受けていただくことでむし歯リスクを最大限減らすことが出来ます。
とはいえ・・
歯医者はなんとなく怖くて
痛い治療は嫌・・・
解っているけど、むし歯は進行しているけど、痛くないのでほったらかしにしている
いそがしいのでそのままに・・
というような方はまだまだ多いのが現実です。

怖い原因は治療時の痛みもそうですが、ドリルのキーンとした音や、今何をされているか解らないと言った不安要素が大半のようです。
当歯科医院では痛くない治療を心がけているのは当然ですが、不安を解消していただく為に治療についてのご説明をきちんと行います。不安な点や分からないことがあれば、お気軽にお尋ねください。

MI~ミニマル・インターベンション~

削る量を最小限におさえる

むし歯治療というと、イメージするのは"歯を削るドリルの嫌な音"や"銀歯"という方も少なくはないと思います。現在は詰め物の接着性の向上によりこのような古めかしいイメージのむし歯治療は過去のものとなり、その考え方を大きく方向転換しています。現代のむし歯治療には、MI(Minimal Intervention=削る量を最小限におさえる)という大原則があります。

コンポジットレジン

きれいなむし歯治療

コンポジットレジンとは歯の色に近いペースト状の樹脂製の素材で、特殊な光をあてることによって短時間に硬まるという特徴があります。歯と接着するため、歯とコンポジットレジンの間からむし歯になりにくく、小さなむし歯であれば保険で短時間で白くできるという利点があります。

コンポジットレジンの治療の流れ

1.古い詰め物の除去
以前に詰めた詰め物が欠け隙間からむし歯になっている場合があります。
また、金属アレルギーをお持ちの方では、口の中の金属の詰め物を除去してコンポジットレジンに置き換える処置を行い、アレルギーを予防することもあります。

2.むし歯の除去
専用の器具を用いてむし歯の部分をきれいに取り除きます。

3.接着剤、コンポジットレジンを詰め光で固める
照射器で光を3~10秒当てることによって固まります。以前は何分も固まるまで待っていなくてはいけなかったのが、飛躍的に時間が短縮されました。

4.歯の形を整え、かみ合わせをチェックする
余分なコンポジットレジンを除去し、形を整えます。
詰めたコンポジットレジンが高かったり、当たりが強かったりしていないか、かみ合わせをチェックします。
30分程度で治療は終了です。

歯周病について

歯周病は決して高齢な方にのみ起きる現象ではありません。
35歳で80%以上の方が歯周病になっていると言われていますが、実は10代のころから少しずつ進行しているのです。

歯周病とは

歯周病とは、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)や歯石の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯肉の境目についた歯垢や歯石から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していき、 最悪の場合、歯が抜けてしまいます。

危険信号は?
毎日の歯磨きで出血する
歯肉が赤く腫れている
歯肉が何となくゆるんでいる感じがしたりする
口臭が続いていて気になる
何となくどこか、痛い・かゆい・不快だと感じる
歯がぐらつく
歯が伸びてきた
歯の位置が移動してきた

こんな症状のあるかたは要注意です

歯周病の進行過程

正常な場合 歯周炎 軽度歯周病
歯周ポケットは1~2㎜ 歯周ポケットは2~3㎜ 歯周ポケットは3~4㎜
中度歯周病 重度歯周病 歯周病末期
歯周ポケットは5~6㎜ 歯周ポケットは6㎜以上 自然に抜けてしまいます

歯周病は最初、痛みを伴わずに進行していきます

ほとんどの人は、「歯肉から血が出る」「腫れた」といった自覚症状を感じてからはじめて来院されますが、このような症状があるときは、かなり進行した状態です。
歯周病は歯磨きでは防げません。
毎日の歯磨きをしていれば歯垢の除去はある程度可能ですが、歯石の除去は歯ブラシではできません。
歯石は一度できると歯の周りに軽石のような性状で強固に歯に付着します。

歯周病の治療と予防

歯石は、唾液中のカルシウムなどが沈着することにより自然に出来ます。
そして一度付いた歯石は医院でしか除去できません。
定期検診の最大の目的は、この付着した歯石の除去です。同時に初期むし歯の有無もチェックします。

当歯科医院では歯周病治療を行うと共に、歯周病予防、ブラッシング指導などのお手伝いもさせていただいております。
現在、むし歯がない方も歯石除去の為に定期検診に来ていただければ、気付かないうちに歯周病が進行して歯ぐきから血が出てくる...と言った事態を避けることが出来ます。

歯周病は全身に影響を及ぼします

歯周病は歯を失う大きな原因です。歯は食べ物がはじめて出会う「消化器」であるだけに歯周病で歯を失うと、からだ全体に大きな影響が及ぶ可能性があります。そして今、歯周病が全身のさまざまな病気に関わっていることが分かってきました。

歯周病対策で健康力アップ

sick-thumb-700x483.png

診療時間

月~土 10:00~13:00 14:30~19:30
休診日  木曜・日曜・祝日
TEL 0422-28-4618

アクセス・お問い合わせ

武蔵野市吉祥寺本町1-13-6 古谷ビル2F
TEL 0422-28-4618
JR中央線[吉祥寺駅]徒歩3分


吉祥寺 歯科 地図