歯科衛生士 インタビュー3

子供の頃の歯科体験

むし歯の治療では通院したことはなく、なかなか抜けない乳歯を抜いてもらっただけでした。歯科医院という場所に馴染みがなかったです。

患者とのコミュニケーションで心がけていること

歯医者が苦手という方もいらっしゃるので、しっかり話を聞いてあげてクリーニングする時も痛みがないか、辛くはないか確認しながら行うようにしています。

スキルアップのため心がけていること

歯科関係の本を読むことです。

歯科衛生士になった理由

進路に悩んでいた高校3年の夏に父に勧められ、何故か専門学校に見学しに行きました。歯科衛生士は国家資格で患者様と直接関わることができ、人の役に立てる仕事に就きたいと思っていた私にぴったりな職業だと思い、志しました。

出身校での学び

実習記録を毎回書くのが大変だなと思っていましたが、実際に働いてみると業務記録を書く上で、患者様一人ひとりを観察する力を得るためのトレーニングだったのだと感じています。

現在所属の医院を選んだ理由

見学しに行った時、院長や歯科衛生士の方々が患者様一人ひとりに時間をかけて丁寧に施術し、患者様とのコミュニケーションを大切にしている姿を見て、あたたかい職場で働きたいと思ったからです。

歯科衛生士を生涯続けますか

続けたいと思っています。患者様が生涯に渡って美味しく食べることができ、健康でいられるようサポートしていきたいと思っています。

職場選びのポイント

患者様とのコミュニケーション、スタッフ同士のコミュニケーションを大切にしているかどうかが職場選びのポイントだと思っています。

おすすめの歯ブラシ

ルシェロの歯ブラシ